メンバー紹介

金融キャリアで得た経験を活かすことで、市場に新しい価値を提供できるように全身全霊で挑んでいきたい。

#ソフトウェアエンジニア

小林 寛

プロフィール

1985年生まれ。東京大学大学院を卒業。新卒でメガバンクに入行後、資産運用会社でフロント/ミドル、フィナンシャルグループの市場リスク管理など様々な金融領域を経験。前職はアクティブクオンツファンドの運用に従事。離職後は個人開発による下積みを経て、2021年3月にクリアル株式会社入社。

入社したきっかけを教えてください

前職では資産運用のプロフェッショナルとして先端的な運用手法やトレンドを追いかけていましたが、金融とITの融合により従来の金融サービスのあり方が根底から大きく変わっていく様に衝撃を受けたことが転職のきっかけです。そして、この転換点と呼べる程ダイナミックな流れにITの側面から関わっていきたい、エンジニアリングを通じてアイディアを形にしていきたいという想いが強くなりました。

また、これまで金融キャリアで得た経験を「CREAL」に付加することで、自分にしか出来ないユニークで面白い何かが将来的に実現できるのではないか、と強く感じたことも大きな動機になります。採用面接ではそうした想いを熱く語り、それを受け止めてもらいました。

そして業界のポテンシャルの高さはもとより、社員の前向きな想いや、チャレンジングな環境、フラットな社風に魅力を感じ入社を決意しました。

また実務未経験にも関わらず、経験豊富なエンジニアのメンバーと共に働くことが出来る恵まれた環境を与えてもらえたことにとても感謝しています。

今の仕事の面白いところ、今後やってみたいことはありますか?

まず、社会に大きなインパクトを与えられるプロダクトの開発に関われることが非常にエキサイティングだと思います。

不動産テック及びクラウドファンディング業界はまだまだ新しい市場であるため、職種に限らず0から1を作り上げていく楽しさがあると感じています。
また組織は少人数で構成されているためひとりひとりが欠かせない重要な役割を担っており、私もコアな機能の開発に携わっています。
その重みをしっかり受け止めつつ、非常に経験豊かでレベルの高いエンジニアの先輩に揉まれながら日々沢山の学びと刺激を受け、とても充実した日々を送っています。

現在はバックエンドを中心に担当していますが、まずは与えられたチャンスに対して貪欲にそして愚直に、期待値以上のアウトプットを常に出し続けることを目標にして、プロダクトと自分自身を共に成長させていければと考えています。

将来的にはバックエンドに留まらずより広範な開発スキルを身につけ、これまでの金融キャリアで得た経験を活かすことで、市場に新しい価値を提供できるように全身全霊で挑んでいきたいと思います。

この会社のいいところを教えてください

多様性に富み、年齢層は30歳台を中心にフラットで風通しの良い社風だと思います。
様々なバックグラウンドと高い専門性を持ったプロフェッショナルがバランスよく集まり、職種の垣根を超えて活発にコミュニケーションが行われています。

チーム一丸となりサービス運営・開発が出来るチームワークの良さも魅力的だと思います。またひとりひとりがプライドを持って仕事に取り組み、その高い熱量に日々刺激を受けて働けるところも少人数での組織ならではの魅力だと思います。

エンジニアの職務面では、毎週1 on 1でベテランの先輩から仕事やそれ以外のことも含め親身にサポートをしてもらえています。実装面で気になったことなど技術的な相談をするとすぐに多くの示唆をもらえますし、頻繁にハンズオンなどでアドバイスを得ることが出来る非常に恵まれた環境があると実感しています。

またサービス開発の方向性も幅広く、投資家向け、不動産オーナー向け、内部向けの様々なアプリケーション開発が活発に行われており、そこで使われている多様な技術や知見に触れることで、自らの経験の幅を広げることが可能だと思います。

最後に、大企業にみられるような余計なしがらみは一切なく、頑張った分だけより高い目標に挑戦させてもらえるシンプルさが好きですね。

入社後間もないですが、すでに吸収した多くのことが、自分自身の成長の糧となっていることを強く実感しています。