ニュース

2021-12-21

クリアルが都内賃貸マンション2棟のアセットマネジメントを受託 ~アリアンツ・リアル・エステートからの前回受託物件を合わせて総額63億円~

クリアル株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:横田 大造、以下「クリアル」)は、本日12月9日に、ドイツ大手保険機関アリアンツグループ傘下の、アリアンツ・リアル・エステートが運営する、アリアンツ・リアル・エステート・アジア太平洋・コア・ファンドⅠにて取得した不動産の、アセットマネジメントを受託したことをお知らせいたします。

 

グローバルで不動産投資を行う機関投資家であるアリアンツ・リアル・エステートからの受託

今回のアセットマネジメント受託対象物件は、東京都23区内に所在する賃貸マンション全2棟です。売買価格の総額は約12億円となっております。いずれも2020年以降竣工の築浅物件であり、最寄り駅からアクセスのよい立地に位置しています。当社は、本年7月29日にも、アリアンツ・リアル・エステートより都内賃貸マンションのアセットマネジメントを受託しており、今回の取引により、当社がアリアンツ・リアル・エステートから受託している運用資産残高は約63億円、受託棟数は計7棟となりました。

当社は、2011年の創業以来、数多くの個人投資家及び機関投資家向け不動産運用サービスを展開しており、2021年12月9日時点での運用資産残高は総額390億円になっております。この度の受託は、そのうち、機関投資家や超富裕層向けの資産運用サービスである「CREAL Pro(クリアルプロ)」によるものです。

<対象物件写真>